妊娠線ができにくくする為に

妊娠線は出来にくい出来やすいと、体質による物だと言われる場合もありますができるときは出来ます。妊娠線の予防には腹帯でしっかりお腹を支える、妊娠線予防クリーム、が一般的です。出来てしまったものは消すのは難しいので出来にくくするためにしっかり予防しましょう。私のオススメはクラランスの予防クリームが良かったです。お風呂上がりにたっぷり塗ります。
とにかく乾燥もダメなのでとにかく保湿です。お腹だけじゃなく胸にも塗るといいですね。
腹帯も夏の暑い時はとてもつけるのは嫌になりますがつけているだけでお腹も安定するし随分楽です。皮膚も伸びにくくなるのでつけて欲しいですね。夏用の涼しい腹巻タイプの簡単なやつもあるので色々調べてみるのもアリかと思います。
妊娠線ができだすととてもお腹が痒くなるのが特徴です。痒くなると危険です、これ以上広がらないようにとにかく保湿たっぷりしてください。別に妊娠線が出来たからといってどうこうなるわけじゃないですがまだまだ夏に水着になって遊びたかったり肌を露出する場合は綺麗でいたいですもんね。少しの努力で産後も変わらず綺麗なお腹で居られるので努力をするべきだとおもいます。産婦人科でも色々なアドバイス頂けるので参考にしてみてもいいかもしれませんね。

妊娠線はなかなか消えない

妊娠線はやはりなかなか消えないですね
自分も妊娠線はあるのですがクリームを半年くらい使ってますが全然消えません。
そのクリームとの相性が悪かったのかわかりませんが・・・。
妊娠線あるとやっぱり恥ずかしいですし嫌ですよね。
予防方法はクリームを塗る事だと思います。
あと他の予防は妊娠したら早めに運動やストレッチなどをするなどだと思います。
消すまでにいくには、やはり高めな良いクリームを塗るといいのかもしれません。
予防をきちんとしたら出ないのかもしれませんね
自分は全然自分を大事にしてなかったので予防なんて考えてませんでした。
でもとっても後悔したので、予防は大事ですね・・・。
みなさんビキニ着たりしたいと思いますし、中にはお腹を出すファッションとかも可愛いくてお洒落なのでそういうファッションをしたいという方もいるので予防は大事ですね。
もしそれで妊娠線が出来てしまって子供を恨むなどしたら最悪ですし怖い事になってしまうので絶対に恨んでほしくないですね・・・。
ですが、旦那さんや彼氏さんからしたらもしかしたら・・・嬉しい面もあるかもしれませんね
やはりこれから夏が近づいてきますし子供が出来る前にビキニとか着て海ではっちゃけても良いですね

妊娠線の予防と効果

妊娠をきっかけに、いろいろ調べましたが、初めて知ることばかりでした。その中に、妊娠線ができる、という事も知りました。妊娠線がつくと思い、予防する為にクリームをさっそく買いましたが、なる人とならない人がいるので、毎日はやらなくても、大丈夫だろうと思っていました。妊娠6ヶ月を過ぎたあたりから少しずつお腹も出始め、お腹に妊娠線が出来ないか毎日鏡で確認して、クリームを塗って保湿していました。
そんなある日、8ヶ月くらい経ってから全身鏡で太もも辺りを見てみると、妊娠線らしきものが出来ていました。下着の跡がついたのかと思い、3日くらいは気にしていませんでしたが一週間経っても消えておらず、調べると妊娠線だという事がわかりました。自分は妊娠をきっかけにお腹も太もももいきなり太り、お腹は予防していましたが、太ももまでは全く気にかけていなかったのです。そこから、毎日クリームを塗り、保湿しましたが、消えませんでした。
産後、今となっては体重もほぼ昔の重さに戻り、お腹の真ん中の線は消えつつあるのに、太ももの妊娠線は消すことが出来ません。保湿も頑張っていますが、きっとこの線は消えることは無いのかな、と半ば諦めています。もっと早くから気を使いマッサージに通ったり、太りすぎに気を付けたりすべきだったな、と後悔しています。

妊娠線予防にはとにかく保湿が大事

妊娠が発覚して気をつけなければいけないのが妊娠線です。出産までのマタニティ期間にしっかりとした保湿をしておかないと妊娠線が出来てしまい、産後も消えないという悲惨な事態にぬりかねません。
また、妊娠線は出来てから消す事はかなり難しく、まずは妊娠線が出来ない様に予防することが大切です。
妊娠線予防の為の専用クリームやオイルがマタニティ雑誌などに載っていますが、少し高価な物が多いです。確かにマタニティ雑誌に載るほど有名な妊娠線予防クリームなどの効果はあるのでしょうが、やはり毎日のケアなのであまりお金をかけるわけにはいきません。
そこで私は妊娠中、通常のボディークリーム、ドラックストアなどで売っている安いオイルなどでケアをしてみることにしました。
妊娠線予防にはとにかく保湿が大事とマタニティ雑誌に載っていたので、ボディークリームをたっぷり塗ってマッサージをする様にしました。
難しいケアじゃなく、お風呂からあがって顔に化粧水をつけるタイミングでお腹にクリームを塗るだけです。
実際にマタニティ期間に妊娠線ができることもありませんでしたし、産後も現れることはありませんでした。
要は、妊娠線専用クリームでなくても保湿が十分に出来ていたので良かったのです。
妊娠線予防にはとにかくどんなクリームやオイルでもいいので、十分に塗ってマッサージをすることが大事です。

妊娠中に怠ると後で恐い事になります

産前にきちんとケアしていたら妊娠線って出来にくくなるのはご存知でしょうか?
私は10年以上前に子供を産んだのですが、その時は妊娠線がせきにくくなるクリームが出始めたばかりで、店頭にあまり置いていない事が多く、また初めて出産するという事で、何も分からずにいたのですが、こういうケアが大事だという事も店員さんもあまり知られていなかったみたいで薦められる事もありませんでした。

最近ではいろんな商品が出ていて、妊娠線の予防でムッタ法がいいといわれるようになったらしく、出来てしまった妊娠線も消せるような塗り薬やローションタイプのものもたくさんありますね。

出産後って何かと自分に時間をかける事も出来ないので、妊娠線がしっかりできてしまっても、きちんと消す為のケアもする事がで着にくいので、出産前にきちんと妊娠線の予防をしていかないと本当に後悔する事が多くなります。

温泉や銭湯に行った時に結構見られてしまったりすると気持ちいいものではないですよね。
女性同士って結構シビアに見る事があるので、さすが若いと恥ずかしく思う機会は多くなりますよ。

私ははっきりできてしまっていて、10年過ぎた今でも薄くなってきているとはいえ、はっき見えるので、可愛い水着を着る事もためらう事もありますし、温泉など肌が見えるような所は行きたくなくなってしまいました。

特に若い人はきちんとケアをしながら出産した方がいいと思います。